40代のベースメイクでファンデーションを綺麗に仕上げる方法

40代がファンデーションを使う場合、パウダーファンデーションがおすすめです。40代の肌には紫外線がご法度だからです。肌を老化させる要因は、確実に防御しないといけません。パウダーファンデーションなら、紫外線散乱効果があるので、UVカット効果が高いです。普通の日焼け止めを塗るよりパウダーファンデーションの方がシミを防ぐ効果が高いとも言われています。肌への負担もパウダーの方が少なく、リキッドファンデーションのように乳化剤や防腐剤が使われていません。40代のベースメイクでファンデーションを綺麗に仕上げるには、肌メイクを意識することです。肌のキレイな人は、シンプルなメイクをしているものです。厚化粧すると余計におばちゃん臭く見えてしまいます。肌メイクをおろそかにして造りこんでも、若々しくは見えません。40代のベースメイクは、何より肌を美しく見せるメイクテクニックが必須です。それでこそ、エイジレスな美しさを手に入れることができるのです。肌本来の再生機能が衰えつつあるのが40代なので、肌への負担は極力避けないといけません。

 

40代ファンデーションランキング

2015/12/22 13:47:22 |

すっぴんメイクを長持ちさせるベースメイクの方法は、厚塗りするのではなく、化粧水を染み込ませたコットンでコットンパックをして、その後、クリームなどで肌を整えるようにします。肌を整えたら、シルバー系のコントロールカラーや、ラメ入りのメイクアップベースをしっかり塗りこんでいきます。すっぴんメイクを長持ちさせるコツは、保湿をしっかりすることです。化粧水、美容液、乳液をしっかり肌に馴染ませて保湿をさせ、素肌のコンディションを整えておくことが大事です。その際、たっぷり化粧水、乳液、保湿クリームを使用するようにします。すっぴん風に見せるためには、ベースメイクは極力重ねないことが重要ですが、下地を塗りが終わったら、スポンジで肌をパッティングするのがポイントになります。そうすることでベースメイクの持ちを良くすることができます。そしてファンデーションは、頬などの広い面にだけ小さく塗るようにします。こめかみにファンデーションを塗ると厚塗りに見えてしまうので、ファンデは塗った後、スポンジで叩くようにしてぼかしていきます。

 

すっぴんメイク